料金・サービス仕様

料金一覧

おすすめ

W1G

月額1,000
初期費用無料
CPU 仮想2Core
メモリ 1GB
SSD 50GB
おすすめ

W2G

月額2,000
初期費用無料
CPU 仮想3Core
メモリ 2GB
SSD 100GB

W4G

月額3,900
初期費用無料
CPU 仮想4Core
メモリ 4GB
SSD 200GB

W8G

月額7,700
初期費用無料
CPU 仮想6Core
メモリ 8GB
SSD 400GB

W16G

月額14,500
初期費用無料
CPU 仮想8Core
メモリ 16GB
SSD 800GB

W32G

月額29,400
初期費用無料
CPU 仮想10Core
メモリ 32GB
SSD 1600GB

※表示価格はすべて税抜きです。

※年間一括でお支払いいただくと、月額料金1ヶ月分がお得です。

※旧VPS for Windows Serverの料金・サービス一覧はこちら

オプションサービス

追加ソフトウェア

W1G〜W32Gのサーバーに追加可能なソフトウェア(サーバーへプリインストールするソフトウェア)とライセンス料金です。

プラン名 バージョン エディション 初期費用 月額 年間一括
リモート
デスクトップ
(RDS) SAL
※1
バージョン - エディション - 初期費用 0円 月額 700円 年間一括 8,400円
Microsoft
Office SAL
※2
バージョン 2016 エディション Professional Plus 初期費用 0円 月額 2,300円 年間一括 27,600円
Microsoft
SQL Server
バージョン 2017 エディション Web Edition ※3 初期費用 0円 月額 600円 年間一括 7,200円
Microsoft
SQL Server
バージョン 2017 エディション Express Edition ※4 初期費用 0円 月額 0円 年間一括 0円
KINGSOFT
WPS Office
※5
バージョン - エディション Standard Edition 初期費用 0円 月額 300円 年間一括 3,600円
FileMaker
Server 18 (評価版)
※6
バージョン 18 エディション - 初期費用 0円 月額 0円 年間一括 0円

※表示価格はすべて税抜きです。

※1『リモートデスクトップ(RDS)SAL』のご利用上の注意
  • ・「さくらのVPS for Windows Server」のVPSに対して「サーバー管理」以外の目的でリモート接続するユーザーについては、その人数分の『リモートデスクトップ(RDS)SAL』が必要となります。なお、接続先のサーバー数に制限はありません。
  • ・リモートデスクトップによる同時接続数は1サーバーあたりOS標準設定の「2接続まで」の提供となります。
    「リモートデスクトップ(RDS)SAL」を2つ以上お申し込みいただいた場合でも、同時接続数の上限は「2接続まで」となりますのでご注意ください。
  • ・同時接続数設定を変更するなどの作業代行は承ることはできませんのであらかじめご了承ください。
  • ・必要な数だけお申し込みが可能です。
※2『Microsoft Office SAL』のご利用上の注意
  • ・64bitをご用意しております。
  • ・必要な数だけお申し込みが可能です。
  • ・新規申し込み時の同時申し込みが必要となり、追加でのお申し込みはできません。
※3『Microsoft SQL Server Web Edition』のご利用上の注意
  • ・記載されている月額費用、年間一括費用は、「1コア」あたりの金額になります。
    ご利用サーバープランの仮想コア数に応じた月額費用となり、最低ライセンス対象コア数が「4コア」となります。
    • ・W1G、W2G、W4Gの場合「月額費用(税抜):600円×4コア=2,000円」
    • ・W8Gの場合「月額費用(税抜):600円×6コア=3,600円」
    • ・W16Gの場合「月額費用(税抜):600円×8コア=4,800円」
    • ・W32Gの場合「月額費用(税抜):600円×10コア=6,000円」
  • ・新規申し込み時の同時申し込みが必要となり、追加でのお申し込みはできません。
  • ・SQL Serverのインスタンス追加などには対応しておりません。
※4『Microsoft SQL Server Express Edition』のご利用上の注意
  • ・「さくらのVPS for Windows Server」のみに利用可能です。
  • ・「さくらのVPS for Windows Server」を既にご利用されているお客様でもご契約可能です。
※5『KINGSOFT WPS Office』のご利用上の注意
  • ・「さくらのVPS for Windows Server」のみに利用可能です。
  • ・「さくらのVPS for Windows Server」を既にご利用されているお客様でもご契約可能です。
  • ・「さくらのVPSコントロールパネル」からお申し込みください。
  • ・2週間お試し期間はございません。
  • ・本ソフトウェアの利用方法についてはキングソフト株式会社へお問い合わせをお願いします。
※6『FileMaker Server 18(評価版)』のご利用上の注意
  • ・無料で45日間お試しいただける評価版ソフトウェアです。

(参考) ストレージ使用量の目安

オプションなし Microsoft Office Microsoft SQL Server Microsoft Office
+
Microsoft SQL Server
Windows server 2019 オプションなし12GB~ Microsoft Office17GB~ Microsoft SQL Server14GB~ Microsoft Office
+
Microsoft SQL Server
19GB~
Windows server 2016 オプションなし17.7GB~ Microsoft Office21.3GB~ Microsoft SQL Server20.5GB~ Microsoft Office
+
Microsoft SQL Server
24.1GB~
  • ※ 各ソフトウェアのバージョンは以下の通りです。
    • Microsoft Office 2016
    • Microsoft SQL Server 2017
  • ※ 上記使用量はW1G(ストレージ:50GB)をご利用いただいた場合のストレージ使用量となります。
  • ※ 容量値はプランにより若干の差があります。

サーバー共通仕様

標準サービス
ネームサーバ プラン:W1G
5ゾーン
プラン:W2G〜W32G
10ゾーン
仮想化基盤 Linux KVM
NIC 3個
ネットワーク
  • インターネット:
    100Mbps共有回線(※1)
  • ローカルネットワーク:
    1Gbps共有回線(※2)
グローバル
IPアドレス
  • IPv4アドレス × 1個
  • IPv6アドレス × 1個
データ転送量 無制限
管理者権限 Administrator権限付与
OS
  • Windows Server 2019 Datacenter Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
リージョン サーバの設置場所は東京、石狩です
  • さくらのVPS for Windows Serverの最低利用期間は3ヶ月です。
  • ※1 物理サーバーは10Gbpsでバックボーンネットワークに接続されています。
  • ※2 「さくらのVPS for Windows Server」にスイッチを追加し、ローカル接続いたします。
    同一会員IDでご契約中の「さくらのVPS」、「さくらのVPS for Windows Server」いずれも接続可能となり、スイッチは1会員IDにつき最大20個までご利用可能です。回線帯域は、1Gbpsのベストエフォート方式による提供となります。
サーバー設備環境
24時間365日有人監視 サーバー技術者・ネットワーク技術者がデータセンターに常駐し、施設とネットワークの監視を行っています。
自社運営データセンター 東京・大阪・石狩にあるさくらインターネットのデータセンターはすべて自社運営。堅牢なファシリティに冗長化された電源と拠点間を結ぶネットワーク、万全のセキュリティ管理がされた設備で運用しています。
高速・大容量バックボーン 日本国内の代表的なIXや数多くの大手ISPと東京・大阪・石狩で接続を行い、国内最大級のトラフィック配信能力を実現しています。
ネームサーバについて さくらのVPSご契約1件につき、さくらインターネットが提供するDNSサーバが利用できます。プランによって5ゾーンもしくは10ゾーンまで利用できます。ネームサーバサービスの登録申請および 設定について詳しくはサポートサイト「ネームサーバ利用申請方法」ページをご覧ください。
サポートサイト ネームサーバ利用申請方法
各プランに決められた数以上のネームサーバが必要な場合は有料オプションにてゾーンの追加が可能です。詳しくはこちらのページをご覧ください。
ネームサーバ

提供OS一覧

「Windows Server 2016 Datacenter Edition」「Windows Server 2019 Datacenter Edition」の2種類から選択が可能です。
提供時のOSは「Windows Server 2016 Datacenter Edition」となり、VPSコントロールパネルの機能『OSインストール』で「Windows Server 2019 Datacenter Edition」への変更が可能です。

OS種類
/バージョン
機能制限の有無
ディスク
パーティ
ション
の指定
リモート
コンソール
の利用
Windows Server 2019(Datacenter Edition) - VNC
Windows Server 2016(Datacenter Edition) - VNC

その他サービス

サービス サービスの説明
SendGrid メール配信サービスのSendGridをご利用できます。
さくらのVPSからお申し込み頂くことで月間25,000通もの無償枠を活用できます。
ハイブリッド接続 「さくらのVPS for Windows Server」との接続 対象サービス
  • さくらのVPS(石狩第1ゾーン/東京第2ゾーン/大阪第3ゾーン)
  • さくらのクラウド(石狩第1ゾーン/石狩第2ゾーン/東京第1ゾーン)
  • さくらの専用サーバ(石狩第1ゾーン/石狩第2ゾーン/東京第1ゾーン)
  • ハウジング(東新宿データセンター/西新宿データセンター/代官山データセンター/堂島データセンター)
  • リモートハウジング
詳しくは ハイブリッド接続 をご確認ください。

コントロールパネル仕様

機能 機能の説明
再起動 仮想サーバーの強制停止→再起動を実行します。
起動 停止中の仮想サーバーを起動します。
停止 起動中の仮想サーバーを停止します。
OSインストール コントロールパネル上でOSの再インストール、および他のバージョンのOSインストールが可能です。
VNCコンソール ブラウザ上から、またはVNCクライアントを使用したコンソール操作が可能です。
仮想サーバーのステータス確認 仮想サーバーの状態を「稼働中」「停止」「お試し期間中」の3つのステータスで表示します。
CPU使用状況の確認 CPUの負荷状況をグラフで確認することができます。
トラフィックグラフ 回線帯域の使用状況をリアルタイムで確認することができます。
ディスクI/O状況の確認 ディスクの読み/書き動作の状況をグラフで確認することができます。
操作履歴 VPSコントロールパネルの操作履歴を表示します。
DNS逆引きレコード変更 仮想サーバーに付与されているIPアドレスの逆引き(PTR)レコードを変更します。
サーバー一覧表示/一括操作 同一会員IDでご契約中のVPSを一覧表示し、複数の仮想サーバーを一括で起動・強制停止が可能です。
サーバー名設定 仮想サーバーに名称と説明を設定可能です。
ローカルネットワーク 同一会員IDでご契約中の「さくらのVPS for Windows Server」同士をローカルで接続する設定が可能です。
スイッチの作成 サーバー同士でローカルネットワークを構築するためのスイッチを作成します。